1. Home
  2. 事業紹介
  3. > カーリース
  4. > カーリース概要

カーリース概要

お見積・資料請求はコチラ

メリット


カーリースとは

カーリースとは一言で言い表すと「自動車を特定のユーザーに、一定期間・一定の料金で賃貸すること」です。
ユーザーは所有権を得ることは出来ませんが、購入した場合と同様に使用することが出来ます。また、車両本体以外にも保守管理・税金・保険を含んだ商品として取り扱うことも出来ます。

さらに、カーリースの特徴として残存価格の設定があげられます。
残存価格とは、リース契約終了時点での自動車の予想価値(市場価格)のことです。
リース料は予めこの残存価格を設定し、自動車の価格から残存価格を差し引いた金額をベースに決めるため、ローンによる購入よりも月額の支払いを低くすることができます。

カーリースとレンタカーの違い
  リースカー レンタカー
使用目的 計画的・長期継続使用 一時的・短期的使用
契約期間 長期(通常2年以上) 短期(時間・日・週・月)
所有者 リース会社名義 レンタカー会社名義
使用者 ユーザー名儀 レンタカー会社名義
ユーザー 特定ユーザー(主として法人) 不特定多数(個人・法人)
ナンバープレート 所有車両と区別なし 「わ」「れ」ナンバー
保管場所 ユーザーが確保する レンタカー会社が確保する
利用料金 月額では割安 月額では割高
中途解約 不可能(違約金を支払えば可能) 可能
車両メンテナンス 契約内容により
リース会社が費用負担
レンタカー会社
法定耐用年数 乗用車6年、トラック4・5年 乗用車3・5、トラック3・4年
特別仕様 ユーザーの希望どおり可能 不可能
ページの先頭へ
購入とリースの違い
  リースの場合 購入の場合
車両代金 リース料として毎月払う 購入代金として支出する
諸税・保険料 毎月のリース料に含めることが可能 その都度払う
所有権取得 不可能(リース満了時リース会社へ返却) 可能(但し、割賦販売時は所有権留保)
経理処理 経費として損金処理される※ 車両運搬具として計上し、資産計上する
車両メンテナンス メンテナンスリースの場合はリース会社が行う。車両管理義務が軽減される ユーザーが各自で行う。大量に保有している場合は、管理担当者が必要である
代替・廃車の場合の処分 リース会社へ返却するのみ 売却交渉・処分手続き・固定資産抹消・売却損益の計上等の手続きを行う

※2008年4月より新リース会計基準及びリース税制が改正され、損金処理ができない場合があります。

ページの先頭へ
メリット

名鉄協商カーリースは、車両経費のトータルコストダウンを実現しながら、高い顧客満足と現場に密着したサービスの提供に努め、
貴社のニーズに応じた最適なプランを提案します。

1.コスト削減

  • 名鉄グループを最大限活用して、発生するスケールメリット(新車購入・メンテナンス・車両売却)をリース料と付加価値サービス
     
    に反映します(大量仕入れにより、調達コストが低減され、集中委託管理により、修理費が削減できます)。

2.安心感

  • 全国の提携メンテナンス工場により、貴社の全車両をカバーさせていただきます。
  • 万一の車両事故・故障など緊急時には弊社独自のサービス体制で故障や事故トラブルにスピーディに対応します。
  • 安全管理
     ※安全運転講習会の実施
     ※運転適性検査の実施(当社保険加入の場合)
     ※事故傾向調査の実施
     (事故履歴をさまざまな切り口で統計的に分析することで今後の安全運転指導の資料として活用が可能となります。)

3.車両管理業務の削減

  • 煩わしい車両管理に伴う事務処理を当社が代行いたしますので、管理事務は大幅に削減します。
  • 車両を常に万全な状態に保つために、訪問点検を基本としたスケジュール点検を実施し、良好な状態で車を使用できます。
  • リース契約情報やメンテナンス情報などさまざまな車両情報が正確に把握できます。
ページの先頭へ

仕組み

車両発注から納車まで

以下のお客様の業務が簡略化されます!

  1. 1.各ディーラーとの価格折衝、登録納車の打ち合わせ
  2. 2.保険会社との自賠責・任意保険加入手続き
  3. 3.車両代金の支払い手続き

車両管理(メンテナンス付リースの場合)

以下のお客様の業務が簡略化されます!

  1. 1.車検、定期点検手続き、代車手配(車検切れの心配無)、費用請求、支払い
  2. 2.臨時修理手続き、費用請求、支払い
  3. 3.自動車税等納付手続き、支払い業務、車両台帳作成
ページの先頭へ

Q&A

Q1リース期間の開始日はどの時点ですか?↓
A1

リース開始は車両引渡し日ではなく車両登録日となります。よって、ユーザーが実際に車両を使用できる期間は若干短くなることがあります。

Q2どんな車種でも可能ですか?↓
A2

国産・外車を問いません。どんな車種でもお取り扱いできます。

Q3好きなオプションはつけられますか?↓
A3

可能です。メーカーもしくはディーラーでのオプションでしたら、ご希望通りつけられます。また、看板等も可能です。

Q4レンタカーは「わ」「れ」ナンバーだけど、リースカーは?↓
A4

「わ」「れ」ナンバーではありません。リースカーの場合、所有車と外見上の区別はありません。所有車と同様にお乗りいただくことができます。

Q5残存価格とは何ですか?↓
A5

リース期間満了時の予想価値を「残存価格」と呼びます。自動車には他にない中古車市場が確立されているため、リース期間終了時にも、ある程度の残価価値が見込めるわけです。
お客様は、新車価格からあらかじめこの残存価格を差し引いた部分を、リース料としてお支払いいただくことになります。

Q6車の名義人はどうなるのですか?↓
A6

所有者はリース会社、使用者はご契約者のお名前になります。

Q7期間中の車の使用方法に何か制約はあるのですか?↓
A7

特にありません。ご自分の所有車同様にお乗りいただいて結構です。
但し、リース車は残存価格を設定していますので、構造変更等の改造は、リース会社の許可なしには行えません。

Q8今加入している任意保険はどうなるのですか?↓
A8

そのまま継続できます。お客様の割引率・等級を適用します。

ページの先頭へ
お見積・資料請求はコチラ

カーリースに関するお問い合わせは

[モビリティ業務室]
052-582-1013